スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肛門ポリープ手術4

アクセス有難うございます。

前回からの続きです。

今年(2014年1月2日)の初詣でおみくじを引いた内容で、

”迷いごとは早く対処して吉”のような記載がありました。

おぉ!! 現在の私の迷っている気持ちを見透かされたような

言葉、そう、昨年の手術とその先生の対応で少々お医者さんの

信用を失っておりました。

神様からも”早よせいよ!”と言われているような錯覚?におちいり、

早々にネットで探しました。こんな事もあるんですね!

調べていると、依然、妻から聞いていた、評判のいいクリニックが出てきました。

車で15~20分のところで、根治手術も行っている事もあり、週末の土曜日に

行ってきました。


9;00からの診察で8;30ごろに到着、待合室に入ってびっくり!、すでに10人

以上が座っており、私の順番番号は15番!!!エェ・・・、30分まえからこの患者

さんが待っているとは、まったく想像していませんでした。


初診のアンケートを記載して、30分ほど待っていると、看護師さんから呼ばれ

別室へ、細かい症状の聞き取りがあり、その後1時間ほどでやっと診察でした。


症状を話していると、先生から、依然通っていたクリニックの先生のお話に、

なんと、市民病院に勤めていた時の後輩との事、いや~奇遇!

ここでも横になりお尻をペロッと出し、まずは触診、その後肛門鏡で観察でした。


ここでようやくトイレの時に顔を出すいぼ?が肛門ポリープとわかりました。

切痔が進行すると、切れた端の所にできるものらしいのですが、丁寧に説明

して頂き、よくわかりました。この先生やったら大丈夫そうや!と気持ちが明るく

なった事を思い出します。(^^)


まずは注入薬で様子を見ていきましょう!と3ケ月ほどが経過して所で、ポリープが

注入薬で治るのかと聞いてみますと、なんと!治らない。との事!・・・・

私から、根治手術で治したいと切り出し、手術を行う事になりました。


4月の終わりに手術が決まったのですが、このクリニックでは、手術が水曜日

の午後だけでしたので、結局6月25日で予約を取って行う事になりました。

手術からは、次回に記載いたします。

最後まで有難うございました。


(押して頂くと、うれしくなってまた頑張れます!)

PR




コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。