スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神淡路大震災を振り返って!

アクセス有難うございます。

さて、1月17日は過ぎてしましましたが、私も震災体験者でして、忘れて

しまう前に覚えている事を、記録の為にも記事にしようと思います。



当時は尼崎市に住んでおり、会社からは歩いて10分弱の所に

住んでおりました。



1995年1月15日はいつもの通り、目覚まし時計が5時30分に”ジリジリーン”と

大きな音を立てて、眠たい私に、おはようの挨拶をしてしてくれました。



もう少しと布団にいると、突然”ガガガ・・・ドドン”と部屋が揺れ、すぐに”地震や!”

と思い、あわてて隣で寝ている妻の上に覆いかぶさりました。



すぐに治まるだろうと思っていましたが、数分も揺れていたのではと思うぐらい

長く感じました。(実際は50秒程度、だったようです)



布団のすぐ横にタンスがありましたが、横にズレるだけで倒れてはきませんでした。



外はまだ真っ暗、部屋も電気が点灯しないので、何も見えずキッチンから応接間へ。

電気が点かないのに、テレビの電源ボタンを何回も押していた記憶があります。


少し明るくなって、キッチンをみると、皿やコップ、茶碗が棚から落ちて粉々!

良く足をケガしなかったもんです。


しばらくして電気が復旧しテレビで確認、被害状況はまだ出ていませんでした。


”えらく大きな地震やったな、みんな大丈夫かな?”と両方の親へ電話。

大丈夫な事を確認をして、外がどうなっているか判らないまま、7時過ぎに

歩いて会社へ!



途中、社宅の基礎にヒビがはいっていたり、回りの家の壁が崩れたり、道路

にも亀裂が入っていて、ようやく大変な事が起こったと認識しました。



会社は見た目では大きな異常は見当たらず、自分の部署に行き、座っていまし
たが、ほとんど誰も来なくて、おかしいなと!

当時、組合の書記長をやっていたので、組合事務所へ。

組合事務所のテレビをつけるとビックリ!!



何と、阪神高速道路が倒れてる!!!、数名が集まっていましたが、

みんな固まっていました。



始業時間が過ぎても、ほとんど集まらず、当時役員で一人だけ出てきていた

製造部長が、10時過ぎぐらいに”今日は皆さん帰って、家の事を確認して下さい”と連絡。



歩いて社宅に戻る最中、地面に”ガス漏れ注意”とペンキで書かれていたり、完全に

潰れた家もあったり、被害の大きさに改めてビックリしました。



家でキッチンを片づけ、妻とテレビをずっと見て、神戸の町が煙に包まれていたり

多くの火災現場の中継を見て、ますます驚いていました。


会社はその週は臨時休業で次の週からの出勤だったと思います。


社宅はガスと電気は使えたのですが、水が出なく、唯一出ていたゴミ置き場の水道

から、バケツに何杯も汲んでは、浴槽に貯めてトイレや食事用に使っていました。


1週間後ぐらいに、ようやく水が復旧し水汲みから解放されました。


妻と定期健診で西宮市の病院に行ったとき、患者さんが廊下にも寝かされており



先生から、”この病院で産むのは無理、他の病院を紹介します”と話され、不安が

募るばかりでした。



社員の安否については、犠牲者はいなかったのですが、両親が亡くなったり、

大学受験で勉強をしていた子供さんが頭にタンスが倒れて来て、下半身不随

になったりと大きな犠牲がありました。



2月に、三田市にある父のお墓に、確認する為に行ったのですが、被害はなく安心

しましたが、隣のお墓に子供の供養の為のお地蔵様があり、0歳と3歳と書かれて

1月17日とありました。震災で亡くなられたようです。


私は子供が生まれる前でしたが、ご両親の耐え難い深い悲しみを考えると、

言葉がでませんでした。


震災から一か月後ぐらいに、組合のボランティアで神戸の小学校に避難している

方へ、生活物資を運んだのですが、生で見る状況はテレビでは味わえない緊張感と

張りつめた空気を感じました。



20年が経過した今では、あの当時の悲惨な状況や体験が、少しずつではありますが

記憶から抜けて行くようで、思い出だせない事も出てきますが、無事3月に生まれた娘

の誕生日が来るたびに聞かせていました。

2015成人式

今年、成人式を迎えた娘ですが、自分の生まれた年にどんな事があったか、

自覚をしながら、頑張って生きて行って貰いたいですね!


最後まで有難うございました。


(押して頂くと、うれしくなってまた頑張れます!)

PR


コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。