スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肛門ポリープ手術8ー1ケ月以降~完了ー

アクセス有難うございます。

肛門ポリープ術後、1ケ月後からの経過です。

子供サイズの肛門鏡の挿入で、診察の恐怖に絶えられなく

なったので、ネットと調べていると、肛門マッサージが有効

です!と書かれている方がおられました。


ポリープ手術後は肛門の筋肉が硬くなってあまり広がらず、又、縫合

部分が硬くしこりのようになって、ますます肛門が小さくなることがある

らしいのです。この、硬くなった肛門をお風呂で温めた後にマッサージを

して、やわらかくし広げていくらしいのですが、チャレンジしました。


ワセリン(手足のヒビやあか切れに使う軟膏)を少量指に塗って

少しずつ肛門に入れて行き、硬くなった部分を指の腹の部分で押して

マッサージをします。


恐る恐る指先を入れてみると、硬くなった部分に指先が触れ、これだ!

ゆっくりと前後に指を動かしながら、指の腹の部分でツンツン!

少々痛みもありましたが、診察での痛みを考えると、続けることが出来ました。

肛門に指を入れるのに少々抵抗はありましたが・・・・・


診察では相変わらず、肛門鏡挿入で”イターイ”の絶叫!診察が恐怖に変わって

いました。


術後、2ケ月ぐらいで通常より少し小さいサイズに肛門鏡が変更!(汗)

覚悟していましたが、本当に痛くより声が大きくなって、通路で待っている

患者さんまで聞こえているのでは?とハラハラもんです。


肛門マッサージを毎日風呂で行っていましたが、”効果あるの?”と

疑問になるぐらい診察での痛みは続きました。


術後、3ケ月弱にとうとう通常サイズの肛門鏡に変更です。

今まで以上に覚悟をして構えていると、肛門鏡がズブズブと無理やり

入ってきたとき”ブチィィィィィ”と大きな音!!!!!!と激痛!!!

またもや”イターイ”絶叫!

ただ、すぐに痛みが我慢できる程度になりあれ?!!!

切れた為、逆に痛みが治まったようです。


この次からの診察では、通常サイズの肛門鏡での確認が続くのですが、

痛みがおさまり、何とか声を出さずに絶えられるようになりました。

先生も”順調ですよ”と笑顔で言って下さいました!


術後、3ケ月ぐらいでようやくガーゼを取ることができ、トイレでの痛みも

ほとんど無くなってきました。


現在、術後10ケ月に入っていますが、診察の間隔も2ケ月となり、注入

軟膏も夜のみとなって、普通の生活が出来るまでに回復しております。


グダグダと8回にもわたって記事を書いてきましたが、ほぼ完治となりましたので

これで肛門ポリープの記事は完結としたいと思います。

有難うございました。



(押して頂くと、うれしくなってまた頑張れます!)

忍者AdMax広告!!



コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。